シリカゲル乾燥によるドライフラワーの作り方~クリスマスローズ~

生花(フレッシュフラワー)に対し、何らかの方法で水分を抜いた花の総称が「ドライフラワー」です。
ドライフラワーを作る時の水分の抜き方には大きく分けて以下の4種類があります。

  • 押し花
  • 自然乾燥
  • 温風乾燥
  • シリカゲル乾燥

本ページではシリカゲル乾燥によるドライフラワーの作り方をご紹介します。

シリカゲル乾燥によるドライフラワーのつくり方

材料と道具

密閉容器

100均のタッパープレーヤーでできます。

ドライフラワー用シリカゲル

私はこちらを使用しています。

シリカゲルについての詳細はこちらをご覧ください。

ドライフラワー用シリカゲルまとめ

作り方

1 生花を準備します。

クリスマスローズ

花は萎れる前にドライフラワーにします。私は開きはじめが好きです。
花に水分が付いている場合は拭き取ります。

2 容器にシリカゲルを敷きます。

ドライフラワー用容器

3 ドライフラワーにしたい花を置き、上からシリカゲルをかけて、花を埋めます。

花びらの隙間にもシリカゲルを入れていきます。

4 1週間ほど待ち、花をシリカゲルの中から取り出し、細かなシリカゲルを払ったら……完成!

クリスマスローズ

アレンジメントする時は……

この後アレンジメントをする場合には、ドライフラワーにする前にワイヤーを刺しておくと作業がしやすいです。
ワイヤーは茎の方から花の中心に向かって刺し、シリカゲルに埋めるときに邪魔にならないように巻いておきます。
シリカゲルから回収したら伸ばして、好きな位置にアレンジメントしつつ、フローラテープで巻いて止めます。

道具

アレンジメントには、以下の道具があると便利です。

ワイヤー#20~30(花の重さに耐えられる太さ)

フローラテープ

シリカゲルを使うと、簡単にびっくりするほど美しいドライフラワーが作れます。
ぜひお試しください!